日本華僑華人学会

Yahoo! JAPAN



2017年  2016年  2015年      2014年      2013年      2012年      2011年以前


会員の刊行物申請書式はこちらからダウンロードできます会員刊行物申請
   

2018/01/23 『華僑華人研究』第15号の投稿案内
2018/01/04 日本華僑華人学会の役員組織ページをしました。
2018/01/04 2017年世界海外華人研究学会(ISSCO)長崎大会、2017年度日本華僑華人学会(JSSCO)研究大会の報告
2018/01/04
『華僑華人研究』第14号を刊行しました。 




 


■ 『華僑華人研究』第15号の投稿案内 ■
学会誌『華僑華人研究』では、学会員のみなさまから学問領域を問わず、広い意味での華僑華人、中国系の人口移動に関わる論文、研究ノート、書評などの投稿を募集します。

華僑華人研究の定義は特に定めません。華僑華人研究の発展のため、とりわけ隣接する研究領域との境界が曖昧な場合には、投稿者なりに投稿論文が華僑華人研究にどのように寄与するものであるかを明確にし、投稿論文を華僑華人研究という枠組みのなかで位置づける意義を強調していただくようお願いします。

また、本学会2017年度大会(ISSCO同時開催大会)で報告をされた方におかれましては、投稿を前向きに検討していただくよう案内いたします。

1.掲載区分
 「論文」: 24,000 字以内
 「研究ノート」「書評論文」:12,000 字以内
 「書評」「新刊紹介」その他: 6,000 字以内


2.投稿申し込み (予備登録)
・締切:2018年1月31日(水)(必着)

・予備登録のメールには、以下を明記してください。
1 氏名
2 所属
3 連絡先住所
 4 電話番号
5 メールアドレス
6 題ないしは仮題
 7 希望掲載区分
  8 要旨(400字程度)


予備登録・投稿の提出、その他学会誌に関する問い合わせは、原則「電子メール」にて承ります。

編集委員会メールアドレス:jssco.henshu15[a]gmail.com([a]を@に換えてください)
         

・メール送信の際は、件名を必ず次のようにしてください。件名【華僑華人研究15号予備登録】
・予備登録のメールを受領次第、受領確認メールをお送りします。1週間以上たっても受領確認メールを受け取れなかった場合には、編集委員会へメールにてご連絡ください。

3.投稿
・締切:2018年3月31日(土)(必着)
・投稿方法、「執筆要綱細則」、「参考文献書式」など投稿の詳細は、2月に入ってから予備登録者に改めてお知らせいたします。
・投稿を電子メールではなく郵送のみでおこなう希望をお持ちの方は、「予備投稿の際に」電子メールでその旨お知らせください。
  郵送の場合の宛先
  〒108‐8345 東京都港区三田2‐15‐45 慶應義塾大学法学部 山本信人研究室

4.投稿にあたっての注意
1) 英文要旨に関しては、投稿者各自の責任で「必ず英語を母語とする研究者のチェック」を受けてください。
2) 学生会員の方は、投稿する前に指導教員などに閲読を依頼し、閲読済みの自筆署名文を添付してください。

以上

                             『華僑華人研究』第15号担当
                             学会誌編集委員会委員長  山本信人
                             学会誌編集委員会編集室長 櫻田涼子

                             (文責:山本信人 学会誌編集委員会委員長)

 

トップへ戻る 


 2017年世界海外華人研究学会(ISSCO)長崎大会、
2017年度日本華僑華人学会(JSSCO)研究大会の報告
 世界海外華人研究学会(ISSCO)ならびに日本華僑華人学会(JSSCO)第15回年次大会は、20171118日、19日に、多数の方々の参加を得て盛況のうちに終了いたしました。

今回の大会には、北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニア、ラテンアメリカ、アフリカなどの18カ国から200名強の参加者が参加し、研究発表件数は178件に上りました。そのうち、87件が英語、84件が中国語、7件が日本語による発表でした。本学会からは47名の会員が参加しました。

開幕式には片峰茂前長崎学長と陳志明ISSCO会長による挨拶の後、中村法道長崎県知事、田上富久長崎市長、劉亜明中華人民共和国駐長崎総領事が祝辞を述べて下さいました。開幕式の後、濱下武志先生及び王連茂先生より2つの基調講演が行われました。濱下先生は「15-20世紀、環中国海をめぐる移民ネットワークの歴史地理」というタイトルで、長崎・九州の地域性に触れながら、華僑華人研究の歴史と課題について述べました。その後、ユネスコ無形文化財南音の代表伝承者蔡雅芸様と陳思來様により、福建省泉州地域の伝統音楽南音の演奏が行われました。続いて、泉州海外交通史博物館王連茂元館長はこの南音について言及しつつ、福建?南海外移民の文化的役割についての講演を行いました。

基調講演の後、ISSCO25周年、長崎県・福建省友好県省締結30周年の記念行事として、「長崎華僑が語る歴史的交流」という記念講演会が行われました。長崎華僑陳東華様、陳優継様と林敏幸様により、長崎華僑社会の歴史と文化について語ってくださいました。開幕式は会議の参加者以外、長崎の地元から多くの方々も会場に駆けつけてくださいました。

18日の午後から19日にかけて、7つの会場にて研究発表が行われ活発な議論が交わされました。19日の夕方の閉会式には、ISSCO初代会長王?武教授によりISSCO25周年の記念スピーチが行われ、ISSCOが歩んできた歴史及びその展望について語ってくださいました。この閉会式にも多くのの参加者が見られ、大会は盛況のうちに終えることができました。

 なお大会のプログラムについて下記のウェブサイトを参照してください。

http://issco2017.com/index.html

(文責: 王維 ISSCOJSSCO大会実行委員長)

トップへ戻る


■ 『華僑華人研究』第14号(2017年発行) 目次 ■
<論文>
南洋における中国旅行社のネットワーク展開と華僑華人(1937‐1945年) … 易 星星

1950-60年代日本における親中華民国華僑組織の形成と変容―「帝国日本」を生きた滞日台湾外省人を中心に
                                  … 岡野 翔太

<研究ノート>
神戸華僑の職業―『兵庫県統計書(1905-1925)にもとづいて      … 蒋 海波

フィリピン華人マイナー文学と多声性―境界領域での創作を手がかりとして … 宮原 暁

<書評>
津田浩司・櫻田涼子・伏木香織 編著 『「華人」という描線── 行為実践の場からの人類学的アプローチ』
                      … 片岡 樹

貞好康志 著『華人のインドネシア現代史 ── はるかなる国民統合への道』 … 工藤 裕子

長田紀之 著『胎動する国境──英領ビルマの移民問題と都市統治』… 木村 自

山本寿美子 編著『ヨーロッパにおける移民第二世代の学校適応―― スーパー・ダイバーシティへの教育人類学的アプローチ    … 石川 朝子

松村 智雄 著『インドネシア国家と西カリマンタン華人―― 「辺境」からのナショナリズム形成』
           … 横田 祥子

<新刊紹介>
Shu-mei SHIH, Chien-hsin TSHAI, and Brian BERNARDS eds. Shinophone Studies: A Critical Reader
           … 北村 由美

ジェラルド・ホーン 著、藤田裕行 訳、加藤英明 監修『人種戦争―― レイス・ウォー 太平洋戦争 もう一つの真実』      … 芹澤 知広

山下清海 著『新・中華街── 世界各地で〈華人社会〉は変貌する』    … 塩出 浩和

山本 信人 監修、井上 真 編著『東南アジア地域研究入門1 環境』
山本 信人 監修、宮原 暁 編著『東南アジア地域研究入門2 社会』
山本 信人 監修・編著『東南アジア地域研究入門3 政治』
        … 篠崎 香織
         

<彙報>

 

トップへ戻る 



ホームページ管理者からのお願い
 
 本ホームページでは、会員の皆様に役立つさまざまな情報を掲載していきたいと考えています。
 例えば、会員の皆様が最近発表された著作や論文、自らのホームページの紹介、所属の変更、集会・イベントの開催など、さまざまな情報を管理者koho.jssco[a]gmail.comまでお知らせください。([a]を@に換えてください)

 


  【日本華僑華人学会 事務局】

2018年1月より下記へ移動しました。

〒631-8502 奈良県奈良市山陵町1500
   奈良大学社会学部 芹澤知広研究室内

 日本華僑華人学会事務局

jssco.ga[a]gmail.com
([a]を@に換えてください)